たんぽぽコーヒーで母乳の出が良くなり、母乳育児ができました。

注目

たんぽぽコーヒーアイキャッチ

たんぽぽコーヒーを通販で買って飲み始めた理由は、一人目を出産した時に、母乳が全然出ず、直ちにミルクに切り替えてしまい、そのことをずーっと後悔していました。

2人目では「絶対母乳育児講じるぞ!」って意気込んで、妊娠中からおっぱいマッサージをかかしませんでした。

ただし2人目を出産してもなかなか母乳は出ずガッカリ。

助産婦さんにおっぱいマッサージを通じてもらいどうにか少しづつ母乳が出るようになりましたが、母乳が足りなくて、子供は泣くばかりでした。

助産婦さんがそのことを心配してくださって、「おいしいお茶があるよ!」といった入院中から「たんぽぽコーヒー」を持ってきてくださいました。

正直「たんぽぽのお茶なんて土臭くて、美味しくなさそう・・・」と思ったのですが飲んでみてそのイメージががらりという変わりました。

香ばしくて飲み易いのです。

母乳をあげていると、のどがよく乾くので母乳をあげた後は、必ずコップ一杯はたんぽぽコーヒーを呑むようしました。

たんぽぽ茶には次のような効果があるそうです。

・母乳の出を良くすること

・乳腺のつまりを改善する効果

・ノンカフェインなので妊婦さんや授乳中の方に安心して飲めること

・カリウムを含んでおり、利尿作用が強く、むくみを改善すること。

・血行を良くし、冷え症を改善する効果

・便秘を改善する効果

・胃や肝臓の機能強化をする効果

・そしてカルシウムや鉄分・ビタミン・カリウムも補なう効果

たんぽぽコーヒーの効果のある飲み方。

たんぽぽコーヒーはいろいろな飲み方があるそうです。

私は冷え症気味なので、沸騰させたお湯を急須に入れて、喉が渇いた時や食事中に飲んでいます。

たんぽぽコーヒー

ネットで調べてみるといろいろな飲み方があるようです。

・ティーパックでお湯を注いで手軽に飲んでいる方

・水だしで飲んでいる方(ただし、お湯の方が有効成分が抽出されるようです。)

・冷やしてアイスでカボガボ飲んでいる方

・牛乳を入れて飲んでいる方

・豆乳を入れている方

・黒砂糖を入れている方、

どれが効果があるかは、個人差があるようなので、自分に合った飲み方で飲まれるといいと思います。

たんぽぽコーヒーの飲みすぎについて

程度の問題になりますが、利尿作用が強いことや胃腸に刺激を与えるため、飲みすぎると、お腹を壊したりすることがあるそうです。

ただし、私のように食事中や授乳後の飲んでいる程度では副作用はありませんでした。

たんぽぽコーヒーを飲み比べてみました。

飲み比べたたんぽぽコーヒーは次の3つです。

・ティーライフのぽぽたん(たんぽぽ根)

ティーライフ ぽぽたん

・OSK社タンポポコーヒー(タンポポ根+黒大豆+黒ゴマ配合)

たんぽぽコーヒー

・ダンディライオンルート(ハーブティー・たんぽぽ根)

ダンディライオンルート

ティーライフのぽぽたんとOSK社のたんぽぽコーヒーを比べたら、ぽぽたんは3g、OSK社のたんぽぽコーヒーは2gなので、ぽぽたんが大きいです。

たんぽぽコーヒーとぽぽたんの比較

沸騰したお湯を注いで約2分

たんぽぽコーヒーとぽぽたんはどちらもいい色に出ています。

左がたんぽぽコーヒー右がぽぽたん

肝心のお味は、たんぽぽコーヒーは黒豆の香りがして飲みやすい感じ

ぽぽたんは焙煎した香りがおいしいです。
(注:私はたんぽぽコーヒーの味に慣れているので、美味しいと思いますが、初めての人の中には苦手と感じる人もいると思います。)

いっぽう、ランディライオンルートはふたをして3分間ぐらい蒸しました。

色が薄くハーブティーでたんぽぽの根の味です。

IMG_2619

おすすめのたんぽぽコーヒー

私が買ったたんぽぽコーヒーはティーライフのぽぽたんというたんぽぽコーヒーでした。

送料が無料で値段が安い。

30日間返金・返品OKだったことです。

値段は12パックで、730円もしくは、30個入りが1454円でした。

たんぽぽコーヒーを飲んだ結果

おかげさまで、「たんぽぽコーヒー」のおかげで退院後1か月ぐらいから母乳の量が増えてきました。

あきらめかけていた母乳育児をするという夢がかない、

本当にうれしかったです。

妊娠中から飲んでいたら、もっとスムーズに母乳育児ができたと思います。

もし、母乳が出ない、母乳が少ないと困っている方がいたら、一度、たんぽぽコーヒーを試してみるといいと思います。

ティーライフのたんぽぽコーヒー『ぽぽたん』はもし、味がお気に召さないようでしたら、30日間なら返品保証もあるようなので、お試しにはいいかと思います。

>>たんぽぽコーヒーをこちらからの通販サイトから買いました。




たんぽぽコーヒーで冷え性が改善し、むくみや便秘も解消しました。

注目

私は元々コーヒーが大好きで飲んでいたのですが、かなりの冷え性で体中が痛く疲れきっていた時に友達からたんぽぽコーヒーを勧められました。

私の中ではたんぽぽコーヒーは妊婦さんや出産後の人が飲む物と言うイメージが強く、妊娠していない私が飲むのは抵抗がありましたが、今はたくさんの人が飲んでいるよと聞き、飲み始めました。

カフェインが入っていないですが、味や色はコーヒーです。

すんなりと飲むことができました。

たんぽぽコーヒーを飲むと体がぽかぽかしてくるような気がして「これは良いかも!」と思い、購入して飲むことにしました。

私はすごい冷え性なのでいつも足先が冷たくなって夜も寝付くまでに時間がかかってしまいます。

たんぽぽコーヒーを飲むようになってからそういえば気づいたら足の冷えが改善されたように思います。

これにはびっくりしました。

私の冷え性はもう10年近く続いている頑固な冷え性だったので、改善されてとっても嬉しかったです。

夜も体が冷たくて眠れないことが多かったのが夜の寝付きが早くなりました。

他にも夕方になるとぱんぱんにむくんでしまう足に悩んでいたのですが、この足のむくみは完全にというわけではありませんが、少しは良くなったようにも思います。

以前は夕方になると靴がきつくなって、靴下の跡がくっきり残るほどむくむ、パンパンの足が痛くて仕方なかったのですが、その足のむくみが減ったような気がします。

利尿作用があると書いてあったので、そのせいでしょうか。

これからもっと改善されて行くことに期待をしています。

妊娠時に聞いた便秘改善にはすごい効果を発揮しています。

妊娠をしていなくてもとにかく飲むことでお通じはすごく良いです。

飲んで数時間したら私は出ます。

たんぽぽコーヒーはこれからも飲み続けます。

(秋田県、ちゃんさん)

>>たんぽぽコーヒーをこちらからの通販サイトから買いました。







たんぽぽコーヒーは冷え症の方が飲むと体がポカポカになるそうです。

注目

たんぽぽコーヒー

先日、高校時代からの友人のお家に遊びに行きました。

友人も私もパートでそれぞれ仕事をしているので、会えるのは1年に2〜3回です。

それでも、現在でも会うと、高校時代の懐かしい話しに花が咲きます。

例えば、一緒に入っていた弓道部で日が暮れるまでひたすら練習に打ち込んでいたことや、数学が苦手で赤点をとって、一緒に補習を泣く泣く受けたことや、好きだった男の子に告白してフラれたこととか…。

青春時代の思い出は、ひとつ思い出したらキリがありません。

だいたいが楽しい思い出なのですが、お互いに共通の悩みもありました。

私たちふたりは、とても冷え性が酷くて、とくに足の指先や太ももなど下半身に集中した辛い冷えを抱えていました。

もちろん、トイレもとても近くて、必ず1時間に1回はトイレに行き、用を足していました。

北海道の冬はとても寒いので、冬場になると、特に酷くて30分に1回、トイレに通うということも珍しくありませんでした。

大人になっても冷え性は治らず、相変わらずでした。夏場でもTシャツは着ることはなく、いつも薄手のカーディガンや、パーカーは手放せませんでした。

そして、先日の夜、友人からこんな電話がかかってきました。

「ユキちゃん、元気?実はさー、この前、健康に良いコーヒーを見つけて、とっても美味しかったの!ぜひ、ユキちゃんにも飲んでほしいから、こんどウチに遊びに来ない?」と、誘われました。

実は、私は無類のコーヒー大好き人間なのですが、「健康にいいコーヒー」と、いうのは聞いたことがありません。

「健康にいいコーヒーってなんだろう?」と、疑問に思いながら友人宅に遊びに行きました。

そして懐かしい高校時代の思い出話しがひと段落したあとに、「ねぇ、今日のコーヒー、ちょっといつも飲むものとひと味違った味がしない?」と、イタズラぽい瞳で友人が私に聞いてきました。

「そうだね、さっきから思ってたんだけど、ちょっと独特のほろ苦さがあるけど、コクがあって飲みやすいよね?何の豆のコーヒーなの?心なしか身体もポカポカしてきた気がするんだけど…?」と、聞き返しました。

すると、このコーヒーは「たんぽぽコーヒー」と、いうコーヒーで冷え性の人が飲むと、身体がポカポカと温まりやすくなり、冷え性改善につながる優れたコーヒーだということを教えてくれました。

本当にやみつきになりそうな味で、この日以来、私はたんぽぽコーヒーの魅力にどっぷりハマってしまいました。

冷え性で悩んでいる方は、一度お試しになる価値があるかと思います。

(北海道、ユキさん)

>>たんぽぽコーヒーをこちらからの通販サイトから買いました。







たんぽぽ茶で母乳の出が良くなりました

子供が生まれてからすぐは、母乳の出方がすごく悪くて赤ちゃんもいつも十分な量の母乳が飲めないせいかとても不機嫌でぐずることが多かったので私としても何とか母乳の出を良くしたくてネットで調べたりしていました。

そんなときに、はじめてたんぽぽ茶なるものを目にしました。

たんぽぽ茶は、その名前のとおりたんぽぽの根っこから作られた母乳の量を増やすお茶で、ちょうどごぼう茶と同じような働きをするナチュラルなお茶でした。

母乳というのは血液の変化したものですから、体の血行を良くすることによって血液循環が良くなり母乳の出方も増えるという事に私自身も納得する事ができました。

たんぽぽ茶をネット通販で取り寄せて毎日、朝やおやつの時間に飲むようにしました。

たんぽぽ茶の味は、ちょうど麦茶のような感じでとても飲みやすく冬はホットで、夏は冷蔵庫で冷たく冷やしてゴクゴク飲める美味しさでした。

とにかくクセが全く無いので、いくらでも飲めちゃいます。

たんぽぽ茶を飲むと、ほぼすぐに体がホンワカ温まってきて、血行がすごく良くなってくるのを感じました。

それと同時におっぱいが張ってきて、母乳が滲み出てくるようになったんです。

これにはかなりびっくりでした。

今まで母乳が溢れるほど出る事が全くなかった3ヶ月間だったのに、たんぽぽ茶を飲み始めたら、どんどん母乳が出始め赤ちゃんが母乳の勢いにむせてしまうほどでした。

母乳は一旦、乳腺がしっかり開通して母乳の出方に勢いがで始めると、あとはもう、放っておいてもどんどん出てくるようになりました。

最初は母乳と粉ミルクの混合育児をしていたのですが、途中からは母乳だけでお腹いっぱいになってくれるようになり、母親として、しっかり母乳を出せる事に充実感と満足感を感じました。

たんぽぽ茶のおかげで母乳が出ないというストレスから解放されて楽しい育児ができました。

(神奈川県 かえでさん)




たんぽぽコーヒーを乳腺炎の予防で飲み始めました。

たんぽぽコーヒー

たんぽぽコーヒーを息子を出産した1ヶ月後くらいから飲み始めました。

私はおっぱいが張りやすかったようで、少しでも授乳の間隔が空くとパンパンになってしまいました。

そして、まめに余った母乳を絞っておかないと、乳腺炎にもなりやすかったのです。

私の乳腺炎は、急に体が震えて寒気が来て40℃近い高熱が出るというパターンで、授乳すれば乳腺炎は治まるものでしたが、本当につらかったです。

張りやすい、乳腺炎しやすいという話を母親にしたところ赤ちゃん用品店でたんぽぽコーヒーを買ってきてくれました。

母乳の量が増えるという話は聞いたことがあったので、私のように張りやすい場合は量が増えると逆効果じゃないのかなと思っていました。

しかし、どうやらおっぱいが張るのも乳腺炎になりやすいのも私の場合は母乳が詰まりやすかったのが原因のようだったのです。

食生活は、常に和食とはいかないまでもそこまでコッテリしたものを毎日食べていたわけでもないのですが、あまり良いコンディションの母乳ではなかったようです。

たんぽぽコーヒーを飲みはじめて数日後に「なんだか母乳がサラサラしている!」と気付きました。

乳腺炎予防に余った母乳を絞っていたときに、容器に取った母乳が以前のものよりサラッとしていたのです。

そう言えば、おっぱいの張りもマシになったようでした。

それに子供が飲みやすい母乳になったためか、母乳の飲み残しが減ったような気がしました。

おっぱいの張りも少なくなり、乳腺炎も減りました。

たんぽぽコーヒーにはただ母乳の量を増やすというだけでなく、母乳の質を上げる働きがあるのかなと思いました。

たんぽぽコーヒーの味はコーヒーと思うとコーヒーぽい味のように感じますが、どちらかというと苦い麦茶という印象です。

ですので、ごはんの時でもおやつの時でもガブガブ飲めます。

またデトックス効果も高いようで利尿作用があり、むくみにも効きます。

産後ダイエットにも役立ちました。

母乳育児が終わった今では、塩分を取りすぎた時などはむくみ予防にたんぽぽコーヒーを飲んでいます。

(大阪府 まこさん)

>>たんぽぽコーヒーをこちらからの通販サイトから買いました。







カフェインに敏感な私がノンカフェインのたんぽぽコーヒーを試してみた結果

たんぽぽコーヒー

わたしはとてもカフェインに敏感な体質です。

寝る数時間前にコーヒーを飲むとまったく眠れなくなります。

それでもコーヒーが好きなので、夜でも飲めるものを探していた時にノンカフェインのたんぽぽコーヒーを見つけました。

現在ひと月以上継続してたんぽぽコーヒーを飲んでいます。

たんぽぽコーヒーの飲み方はとても簡単です。

ショップによって、インスタントタイプとティーバッグがあります。

インスタントタイプはそのままお湯を注いで飲みます。

ディーバッグタイプですと、熱湯を注いで5分ほど待ってから飲みます。

たんぽぽコーヒーの分類はハーブティーなので、5分ほど時間をおいた方がよく成分が抽出できるそうです。

淹れたときの見た目はコーヒーとそっくりです。

色は黒に近いこげ茶色です。

香りは本物のコーヒーとは少し異なりますが、たんぽぽの根を炒った香ばしくておいしそうな香りがします。

最初は味になれるまで不思議に感じます。

ですが、3杯ぐらい飲むと気にならなくなる程度です。

少し苦味を感じるのでブラックコーヒーが好きな人は気に入ると思います。

好みによって、たんぽぽコーヒーにミルクを入れたり砂糖を入れてもおいしく飲めるそうです。

たんぽぽコーヒーを飲んだ後、体調の変化がありました。

最初にたんぽぽコーヒーを飲んだ時にお腹がゆるくなりました。

とりあえず、抽出時間を短くしたり、一度に飲む量を減らして一週間続けました。

一週間経つと元のお腹の状態に戻ったので継続してたんぽぽコーヒーを飲んでいます。

夜寝る前にたんぽぽコーヒーを飲むと体がぽかぽかしてきます。

唐辛子のように汗をかくことはありませんが、足の先までじんわり温まる感じです。

寝つきが良くなるので寝る前にたんぽぽコーヒーを良く飲みます。

飲んですぐに劇的に効果はでませんが、続けていると前より寝起きがスッキリしたと感じます。

毎日続けるなら、朝にコーヒー代わりに飲むのがおすすめです。

朝食と一緒に飲むようにすればがんばらなくても自然とたんぽぽコーヒーを飲む習慣がつきました。

体を温めてから会社に出かけられるので、朝に淹れる(いれる)飲み方も気に入っています。

(大阪府 あかねさん)

>>たんぽぽコーヒーをこちらからの通販サイトから買いました。










たんぽぽコーヒーを会社の仲間で飲み始めた結果

以前、会社の仲間がお子さんを授かり、たんぽぽコーヒーというものがあるよ、と誰かが持ってきて、みんなで飲んでいたことがあります。

はじめて聞いた時は、何それ、たんぽぽってあのたんぽぽ?たんぽぽコーヒーってどんなもの?とみんなが興味津々で集まりました。

私はコーヒーやお茶、紅茶の類が好きな方なので、抵抗なく試すことができました。

妊婦さん情報にとっても疎かったころなので、母乳の出がよくなるらしいことも、ずいぶん後になって知りました。

妊婦さんに特におすすめということですが、もちろんそれ以外の人も飲めます。

冷え性さんなど女性全般にいいみたいよということは、最近知りました。

飲んでいた当時は、たんぽぽコーヒー=ノンカフェインということが頭の中にインプットされた一番メインのことでした。

カフェイン入りのものばかり一日に何度も飲むのが気になるなら、ノンカフェインのたんぽぽコーヒーは、妊婦さん以外でも飲むとよしと思います。

会社で冷房がきつい時などにもいいのかもしれません。

とにかく、デカフェ飲料の一つとして覚えておくといいと思います。

皆さんが気になるであろう味は、コーヒーだと思って飲むと全く別物だと思うかもしれませんが、たんぽぽコーヒーは香ばしい香りで飲みやすい飲み物なので、別物だと思えばおいしいです。

ノンカフェインで妊婦さんにも安心して薦められる、ということで、会社や家に常備しておいても、いい飲み物だと思います。

ノンカフェインということでは、麦茶を頼まれることも多かったのですが、少量でもいいのと、揃いのコーヒーカップ、もしくはティーカップに入れても、違和感なく出せるということで重宝することがありました。

(大阪府 ミンドゥルレさん)




冷え症を治すためにもへじのたんぽぽコーヒーを飲んでみた結果

以前からたんぽぽコーヒーは気になっていました。

コーヒーが好きな私ですが、もっぱらインスタント専門でした。

あまり濃いコーヒーは飲めずアメリカンにしているので、コーヒー党には入れるかどうか疑問です。

30歳を超えてから自分が冷え性である事を自覚して以来、食べ物についていろいろと調べたりするようになりました。

その時にたんぽぽコーヒーを知りました。

たんぽぽコーヒーは人気イラストレーターのめぐろみよさんが当時愛飲しているという話で知りました。

めぐろさんご自身はマクロビオティック料理の講師の資格を持つほど健康に良い食べ物に詳しい方です。

私はめぐろみよさんのイラストエッセイが好きなのですぐに影響されました。

たんぽぽコーヒーは市販のコーヒーに比べると高価な印象があったうえ近くに売っている所がなかったのですが、ついに近くのカルディファームで見つける事が出来ました。

『もへじ』というメーカーのたんぽぽコーヒーです。

私はカルディファームで異国の食べ物を見るのが大好きで、その日も異国気分を味わっていたのですが、皿のようにしていた私の目に飛び込んできたのが、もへじのたんぽぽコーヒーだったのです。

カルディファームは店頭で淹れてくれる本格コーヒーが印象的なお店ですが、たんぽぽコーヒーを売っているとは思えませんでした。

もはじのたんぽぽコーヒーは15袋入りで税込み478円なので一杯32円という価格ですが、カフェインゼロでこの値段なら安い方と思います。

このもへじのたんぽぽコーヒーはたんぽぽの根っこを乾燥して焙煎した後に粗びきした物ですが、1パックをコーヒーカップの中に入れてお湯を注げば出来るので、簡単に作れそうです。

パッケージの手書き風のたんぽぽの絵も気に入ったので、買う事にしました。

私は家に帰ってから早速、もへじのたんぽぽコーヒーを作る事にしました。

熱湯を沸かしている間に一パックだけ取り出してマイマグカップに入れ、自分の好みの濃さになったらパックを取りだせばOKです。

お湯が沸いたのでマグカップに熱湯を注いで、コーヒーと同じくらい黒い色になってから取り出して、飲んでみました。

いつも飲んでいるコーヒーと違って濃い目の麦茶を飲んでいるような味がしました。

たんぽぽコーヒーは少し苦みがありますが、コーヒーに比べるとそれほどでもありません。

香ばしいけれどクセがないのでたんぽぽコーヒーは飲みやすくなっています。

たんぽぽコーヒーは冷え性に効果があるという事ですが、私にはあまり効果がありませんでした。

たんぽぽコーヒーを常飲する他にも、生活習慣の改善をしないと冷え性に効果がないのかもしれません。

コーヒー党の人達には物足りないかもしれませんが、たんぽぽコーヒーは飲みやすいので少しずつ取り入れた方が良いようです。

(千葉県 綿帽子さん)

>>もへじ たんぽぽコーヒー 15袋は楽天で購入することができます。




カフェインに弱い私はたんぽぽコーヒーを飲んでいます。

私はコーヒーの香りが大好きなんですが、カフェインにとても弱い体質です。

今までは少しのコーヒーにミルクをたっぷり入れて飲んでいましたが、妊娠を機にたんぽぽコーヒーに変えました。

まず初めはたんぽぽコーヒーだけ飲んでみましたが、最初はちょっと抵抗がありました。

なので次はコーヒーの時と同じように、ミルクをたっぷり入れて飲んでみました。

すると、結構おいしく飲むことができました。

少しキャラメルっぽい味もしました。

私はもともと、濃いコーヒーなんて飲めない体質なのでたんぽぽコーヒーにミルクを入れたものでも十分満足することができました。

またたんぽぽコーヒーには、いろいろな効能や効果があり健康維持にはとてもいい飲み物だと思います。

たんぽぽコーヒーの豊富な鉄分やカリウムにより血流が良くなり、実際私の冷え性も随分と改善されました。

赤ちゃん待ちや産後の女性の方にも本当にいい効果がたくさんあるので、ぜひ一度たんぽぽコーヒーをお試しするのもいいかと思います。

例えば女性ならホルモンのバランスを整えたり、ホルモンの分泌を促してくれます。

男性でも精子にいい影響を与えてくれますので、ご夫婦でたんぽぽコーヒーを飲まれるのもいいですよね。

体が温まり血行が良くなるので、母乳の出もすごく良くなります。

また私がたんぽぽコーヒーで、1番嬉しい効果は育毛効果です。

どうしても、加齢とともに髪の悩みは出てきます。

昔よりハリやコシがなくなり、髪の毛が細くなったような気がします。
スタイリングが決まりにくくなりました。
その髪の悩みにもたんぽぽコーヒーは、効果が期待できるのです。

健康のためにも美容のためにも、これからも私はたんぽぽコーヒーを飲んでいこうと思っています。

幸い近くの食料品店でおいしいたんぽぽコーヒーが販売されているので、安心して飲めるのでうれしいです。

(京都市 AZUさん)

>>たんぽぽコーヒーをこちらからの通販サイトから買いました。







冷え性を改善するためにたんぽぽコーヒーに挑戦した結果

私は季節を問わず1年中冷え性なことが悩みでした。

冷え性からくる肩こりがひどく整体に通い始めた所、整体師さんから冷え性の改善には食生活を変えることと教わりました。

コーヒーは体を冷やすから控えたほうがいいよと言われましたが、コーヒー好きで毎日4杯以上飲んでいた私。

コーヒーを飲まないと気分がスッキリしないし、仕事も捗らないし、「コーヒーは必需品」な私にとってはコーヒーの無い生活なんて考えられませんでした。

そんなことを話していると、「たんぽぽコーヒーならカフェインがないから飲んでもいいよ」と救世主の存在を教えてもらいました。

整体の施術終了後、さっそくお店でたんぽぽコーヒーを購入して飲んでみました。

ハーブコーヒーの一種だよと教わったので、実際に飲むまでは[ハーブ=青臭くて苦い → ハーブコーヒー=美味しくない]というイメージでした。

ところが飲んでみると、まろやかな味わいで飲みやすかったので驚きました。

確かにコーヒーのような苦味、酸味、香りはないけど、コーヒーとは違う飲み物だと思えば美味しいと思いました。

また、コーヒーを飲んでいた時と同じように、たんぽぽコーヒーを飲むと気分がスッキリして仕事も捗りました。

そして、「冷え性改善のために体にとって良いことをしているんだ」と思うと、たんぽぽコーヒーを飲むことが好きになりました。

このようにしてたんぽぽコーヒーを飲み続けて一年がたったころ、手足の冷えをあまり感じなくなりました。

たんぽぽコーヒーを飲むだけでなく、少しでも運動するように頑張ったことも冷え性改善に効果があったのだと思います。

ただ、運動が苦手な私にとっては運動を頑張ることはとても気が滅入ることだったので、食生活を改善する方がはるかに取り組みやすかったです。

たんぽぽコーヒーはとても美味しかったので、私は苦労することなく食生活の改善に成功することができました。

(山口県 ななさん)

>>たんぽぽコーヒーをこちらからの通販サイトから買いました。







カフェインレスのたんぽぽコーヒーで胃痛知らずです。

私は昔からコーヒーが大好きで、暇さえあればコーヒーを淹れてしまう方でした。

しかし、やはり濃いめのコーヒーはあまりにも飲む頻度が多すぎて胃への負担は大きくありました。

でも例え胃痛に悩まされようとも、時にはコーヒーの苦味をまずく感じようともコーヒーを飲むことを辞められないのです。

コーヒー中毒って本当にあるんだなと身をもって感じていました。

そんな私も妊娠と出産、授乳をきっかけにコーヒーとの付き合い方を改めなくてはならなくなりました。

いくらコーヒー大好きと言えども、胎児や可愛い我が子に不要なカフェインを与えるわけにはいかないと思いました。

しかし、つわりでムカムカしたり、マタニティブルーによって精神的に不安定になったり、赤ちゃんがなかなか寝てくれなくてイライラしたり。

やはり自分の気持ちを落ち着かせたり、ほっとひと息つく時にはコーヒーを飲むことが自分のスイッチになる気がしました。

そこで色々と調べているうちにカフェインレスのたんぽぽコーヒーを見つけました。

初めは実際にたんぽぽコーヒーを愛飲している人達の評判を見ながら半信半疑でした。

たんぽぽコーヒーは本当に美味しいんだろうか、本当にコーヒーの代わりとして満足できるのだろうかと疑いを持っていました。

しかし、そこは可愛い我が子の為と気持ちを切り替えて実際にたんぽぽコーヒーを購入して飲んでみました。

すると意外に美味しい。

コーヒーが大好きだった私にも違和感無く飲むことが出来たのです。

本物のコーヒーと比べると幾分コクや苦味が薄く感じますが、慣れてしまえば逆にそれが飲みやすく感じました。

そして、何と言っても、どんなにたんぽぽコーヒーを頻繁に飲みすぎても本物のコーヒーの様に胃痛が起きることが無いのです。

たんぽぽコーヒーはカフェインレスなのできっとその事が影響しているのでは無いかと思います。

妊娠をきっかけにすっかりたんぽぽコーヒーにはまってしまった私は、授乳期間を終えた後もたんぽぽコーヒーを愛飲し続けています。

たんぽぽコーヒーにしてから体調が良いのできっとこの先も続けると思います。

(北海道 ミーしゃんさん)