リケンのたんぽぽコーヒーで貧乳の私もお乳が張るようになりました。

私がおすすめするタンポポコーヒーは、リケンのたんぽぽコーヒーです。

たんぽぽコーヒーはノンカフェインのため妊娠中、授乳中にはもちろん、子供にも飲ませることが出来ます。

しかもコーヒー好きの私の場合、少し濃い目に作れば普通のコーヒーと変わらない味になりますのでコーヒー好きで妊娠中や授乳中でコーヒーが飲みたいけれど飲めないという方にもおすすめです。

また授乳中にこのリケンのたんぽぽコーヒーを飲むとお乳の出る量が半端なく増えます。

私の場合は母乳が出なくて、母乳マッサージをしたり、ゴボウ茶を飲んでみたり、母乳が出るようになるという商品があればとにかく色々と試していました。

が、そのようなことがストレスをなり、母乳はどんどん出なくなってしまう状態になっていました。

そんなときに出会ったのが、りけんのたんぽぽコーヒーです。

リケンのたんぽぽコーヒーは普通のコーヒーに比べると値段も高めですし、購入には割と戸惑い、ためらう方も多いと思います。

ですが思い切って購入して飲んでみた結果・・・

なんとあんなに出なかった母乳がどんどん出るようになり、

母乳を飲んでくれない時にはお乳が張ってしまうようになりました。

貧乳な私にとってはお乳が張るということ事態がとても奇跡で大喜びです。

あの時の感動は今でも忘れられません。

またたんぽぽコーヒーにリラックス効果があるのか飲むととても気持ちが落ち着きます。

今は授乳中ほど頻繁には飲まなくなりましたあが子供と一緒に飲んでいます。

6歳と3歳の子供たちもおいしい。

たんぽぽコーヒーがいい!

というくらい今でも飲んでくれています。(子供たちには牛乳を入れてカフェオレみたいにして飲ませています)

りけんのたんぽぽコーヒーは妊娠中の方、授乳中の方、コーヒー好きの方とすべての方にお勧めできる商品です。

とてもおいしいので是非飲んでにてください。

(岡山県 マルさん)




たんぽぽコーヒーの利尿作用でむくみが軽減しました。

季節を問わない冷えとむくみに悩んでいたところ、友人にプレゼントされたのがたんぽぽコーヒーでした。

自分がコーヒー好きなのを知っていた友人が「体を冷やしにくいコーヒーもある」とも教えてくれました。

私の冷え症は当たり前ですが冬になるとひどくなり、全身、特に足のむくみがひどくなります。

マッサージを定期的に受けたりしてむくみ対策をしていましたが、根本的に改善はされず、通うのも億劫になり自然にやめてしまいました。

身体が冷えていることが原因で血行が悪く、自分の体内の水分の循環は良くないというのは頭では解っていましたが、改善策を探らないままなんとなく過ごしてきてしまいました。

そんな愚痴めいた話を会話の中で聞きとってくれた友人が心配して、たんぽぽコーヒーをプレゼントしてくれたというわけです。

その時いただいたのは「ティーライフ」の「たんぽぽコーヒーぽぽたん」でした。

ひと月分ほどのパックだったと記憶していますが、シンプルにおいしいと感じたので、半月も経たずに飲み切ってしまった覚えがあります。

コーヒーと言いつつ、たんぽぽコーヒーの味は正直コーヒーではありません。

また、少し甘味を感じます。

ですが、特にクセがなくとても飲みやすかったのが印象に残っています。

コーヒーのように体調によって胃に負担を感じることはないのが特色かと思います。

3日ほど飲んでいたら、お手洗いに行く回数が増え、しかも気持ち良く用を足せるのがはっきりわかりました。

それまでは寒い時期でも(汚い話ですみませんが)残尿感が残り、それよりもお手洗いにはっきりと行きたい自覚がどうも薄いように感じていました。

たんぽぽコーヒーには利尿作用があるという一点だけでも自分にとってはありがたいものでした。

友人からいただいたたんぽぽコーヒーを飲み切ってからは、他のメーカーのものも試してみたいと思い、自分が選んだものは「たんぽぽ堂」の「たんぽぽコーヒー極上20パック」でした。

HPの商品紹介や口コミを参考にして決めました。

この2品を交互に飲んでいる状態です。

おかげで身体のむくみの程度が軽くなってきたようで、これからもたんぽぽコーヒーのむくみ解消効果のほどがとても楽しみです。

(栃木県 ゆいさん)




生活の木のたんぽぽコーヒーのタンポポインスタントクラシックがノンカフェインでおすすめ

私は紅茶やコーヒーが大好きで、良く飲んでいます。

特にコーヒーの香りはとてもリラックスできますし、仕事の区切りや食後など1日に何度も飲んでしまいます。

コーヒーの香りはリラックスできるのですが、ドリップタイプのものなどはとてもカフェインが強いです。

寝る前にドリップタイプのコーヒーを飲んでしまうと、なかなか寝付けず逆にストレスになることもありました。

そんな経験もあり、ノンカフェインでコーヒーのような飲み心地の嗜好品を私は探していました。

少し前までノンカフェインを謳った飲み物は、妊婦さんが飲むようなハーブティーしかありませんでした。

そんな時に、生活の木というメーカーから出ているハーブコーヒー タンポポインスタントクラシックを見つけました。

生活の木は、ハーブの専門店であり化粧品やアロマオイルなどが揃う、木のロゴが可愛いお店です。

とても良いハーブの香りに包まれた店内で、初めてタンポポコーヒーを試飲させてもらいました。

普通のインスタントコーヒーと同様にお湯にすぐ溶け、香りもコーヒーにかなり近い大好きな香りでした。

味も焙煎したコーヒーに少しハーブが香ったような上品なテイストでした。

タンポポがコーヒーになるなんて知らなかったので、はじめはとても驚きました。

タンポポコーヒーの原料は、タンポポの根なのだそうですが、ヨーロッパでは昔から飲まれているそうです。

コーヒーの代替え品として考えていましたが、ハーブティーのような感じも楽しめ、とても気に入っています。

コーヒーとして楽しみたい方には、豆乳でカフェオレのようにして飲むとハーブティーのクセが消えると思います。

食後にコーヒーが飲みたいけど、寝れなくなるのが嫌な方や、カフェインの取り過ぎが気になる方にタンポポコーヒーをお勧めします。

(兵庫県 はるなさん)




たんぽぽ堂のたんぽぽコーヒーは味と香りがすばらしいのでおすすめ!

私がおすすめするはんぽぽコーヒーは、たんぽぽコーヒー専門店、たんぽぽ堂のたんぽぽコーヒーです。

たんぽぽ堂のたんぽぽコーヒーを飲み始めたきっかけは、第1子の妊娠中でした。

妊娠中といえば、カフェインの摂取量には気をつけなくてはいけないことは有名です。

1日に1〜2杯なら飲んでもいいよ、と産院の先生には言われましたが、私はコーヒー大好きで、妊娠前には1日5、6杯は飲んでいました。

コーヒーの量を減らそうとがんばってみたのですがどうしても口が寂しくなってしまい、でも赤ちゃんの健康は守りたい…と悩んだ末に、たんぽぽコーヒーというものがあるのを知りました。

たんぽぽコーヒーはコーヒーという名はついているけど、たんぽぽの根を乾燥させて抽出しているのでノンカフェインだということで、これならお腹の赤ちゃんにも安心です。

思い立った私はさっそくドラッグストアへ行き、とりあえずいちばん安いたんぽぽコーヒーを買ってみました。

ワクワクしながら家に帰って飲んでみると…

まずい!

コーヒーとは違う妙な苦味が口に広がり、しかも変なにおいがしました。

これではとてもじゃないけどコーヒーとは呼べません。

もちろんコーヒーと全く同じ味がすると思っていた訳では無いけれど、あまりにもかけ離れたにおいと味にがっかりしてしまいました。

それでもせっかく買ってきたので仕方なく飲み続けていたのですが、ある日子供のいる友人の家に遊びに言ったときに出してくれたたんぽぽコーヒーの味に驚きました。

私が飲んでいるたんぽぽコーヒーとは全くと言っていいほど別物で、とってもおいしいんです。

カップに顔を近づけると焙煎した香ばしい香りがし、口に含むとほのかな甘みと心地よい苦味が広がりました。

本当にこれがあのたんぽぽコーヒー!?と驚いた私は、友人にどこで買ったものかと聞くと、たんぽぽ堂というところのもので、ネットで簡単に買えるとのことでした。

もちろん家に帰ってからすぐに注文しました。

このたんぽぽコーヒーですが、とにかく味と香りが素晴らしいです。

そのまま飲んでももちろんおいしいし、ミルクや砂糖を入れてカフェオレ風にしてもおいしいです。

コーヒー好きの私も気に入り、出産後も飲み続けています。

そのおかげなのか、母乳の出も良く、母乳がつまることもなく快調に過ごせています。

(北海道、とっつーさん)




ティーライフのたんぽぽ茶ブレンドは飲みやすくてオススメ!

ティーライフ株式会社のたんぽぽ茶ブレンドがオススメです。

たんぽぽ茶には何かといい効能が期待できるので、ずっと前から飲んでみたいという気持ちがありました。

しかし、たんぽぽ茶は苦い、クセがあるといった話を聞いたことがあり、なかなか試す勇気がありませんでした。

そんな時、友人がティーライフのたんぽぽ茶を勧めてくれたのです。

友人自身もティーライフのたんぽぽ茶ブレンドを飲んでおり、飲みやすいと言っていました。

それならばと早速ネットで購入してみたのです。

実際、たんぽぽ茶ブレンドを飲んでみて、確かに苦みもクセもなく、普通の麦茶を飲むような感じで飲めました。

たんぽぽ茶ブレンドの原料には、厳選されたたんぽぽの根が丁寧に焙煎加工して入っているので、香ばしさがありました。

また黒豆も美味しさに一役買っている感じです。

直火焙煎された黒豆のマイルドな香ばしさが、口の中に広がるのがわかります。

あと、発酵ギンネムと言うマメ科の植物も香ばしさを引き出しているみたいです。

発酵ギンネムには鉄分やカルシウムが含まれています。

不足しがちな成分もしっかり補うことができるのは嬉しいところです。

たんぽぽ茶ブレンドは価格も手頃だし、これなら長く飲み続けられそうだと思いました。

1パックで500mlのたんぽぽ茶が作れるので、冷蔵庫に常に作り置きしておくようにしました。

麦茶代わりに飲むようにしていました。

たんぽぽ茶には、様々な効能が期待できるとされています。

ホルモンバランスを調整する働きにより、生理不順や更年期障害の症状緩和にも役立つそうです。

血行促進効果も期待できるので、幅広い健康効果や美容効果が期待できるのだそうです。

なんだかいいこと尽くしだと思いました。

実際飲み始めてすぐ、たんぽぽ茶の利尿作用の影響か、よくトイレに行くようになりました。

すると、足のむくみが改善されてきました。

体の中がスッキリした状態でいられるので、とにかく体調が良いです。

たんぽぽ茶は薬とは違い、自然の素材のお茶を飲む健康法なので、体にもやさしいのが気に入っています。

(愛知県 アクアさん)




たんぽぽコーヒーを飲んでみてよかったので人に勧めました

私は出産まえからかなりの冷え性でした。

妊娠した時に母乳の出がよくなるし、コーヒーの代わりに飲むと冷え性も直るよと人に勧められてたんぽぽコーヒーを飲んでみました。

貧血傾向もあり、産婦人科で鉄材を処方されるほどだったので、コーヒーをやめてオーガニックの粉末のたんぽぽコーヒー(たんぽぽコーヒーとも言ったような気がします。)を一日二杯飲むようになりました。

母乳はやはりよく出ましたし、産後に冬でも手足が寒くて困るなあということが一切ありませんでした。

妊娠中には効き目があったと思います。

その後はすっかり忘れて飲みませんでしたが、冷え性が復活してしまい、何かいいものはないかとお茶の類が一番取り組みやすいのでいろいろ試していましたが、やはりたんぽぽコーヒーにたどり着きました。
ちょうどタンポポが咲く季節だったので実家の畑の隅っこに咲いているものを掘り起こして自家製にして飲んでみました。

しかし、これが思いのほか苦くて、ほんとに何かの罰ゲームかと思うほど苦いのです。

やはり市販のものに限るわと、その時は思ったのです。

冷え性や母乳だけに聞くと思っていたのですが、その時実はかなり長い間舌の感覚がおかしかったのです。

きちんと物の味がせず、なんだかいつも食事がおいしく感じられない状態でした。

これにたんぽぽコーヒーを飲んだのですが、一杯飲んだだけで舌のかんかくが戻ったのです。

これ以来、ちょっと変だなと思ったら市販のテイーバックのたんぽぽコーヒーを常備しています。

舌の感覚がおかしいんだという人は季節の変わり目などに案外多くてそのたびに進めて飲んでもらっています。

姪っ子が今妊娠していまして、この子もかなりな冷え性です。

自分で飲んでみてかなりな効果があったので、さっそく飲んでもらうつもりです。




たんぽぽコーヒーで母乳がこんなに出るようになりました

自分でもとても驚いています。

あんなにも何をしてもダメだったのに、このたんぽぽコーヒーを飲んだらたくさん母乳が出るようになったのです。

出産をして最初はちゃんと母乳は出ていました。

でも一か月もしたら出が悪くなったのです。

少なくなって、赤ちゃんも満足していなかったのです。

だから私は粉ミルクを飲ませるようになったのです。

そんな私を見て、姑が言いました。

「できるだけ母乳で育てたほうがいい」と言ったのです。

今時古臭いなと最初は思っていました。

でも愛情の事を考えると、やはり母乳をあげたいと私も思うようになったのです。

おっぱいマッサージもしたし、栄養のあるものもたくさん食べました。

でも何をしても、母乳の出が良くなる事はなかったのです。

何度私は泣いた事でしょう。

姑にもとても悪い気がしてきました。

そんな時母があるものを持って来てくれました。

それがたんぽぽコーヒーだったのです。

偶然姪っ子が飲んでいるのを見て、是非私にもと買って持ってきてくれたのです。

温かいたんぽぽコーヒーを飲んだら、体の芯からじんわりと温かくなってきました。

飲み始めて一週間した頃、みるみる母乳が出るようになったのです。

少しだったのに、赤ちゃんも満足するくらい出るようになってきたのです。

早速姑にも連絡しました。

また母乳を赤ちゃんにあげれるようになれたのです。

その姿を見て、夫もとても嬉しそうです。

毎日たんぽぽコーヒーを飲む事にしました。

そして母乳ので出が良くなっただけじゃないのです。

悩んでいた冷え性がなくなって、毎日しっかりと寝れるようにもなったのです。

冷え性のせいで、何日も眠れない日々が続きました。

育児疲れもあって、体がぼろぼろだったのです。

でもそれも解消されたので、毎日とても快適です。




本当にたんぽぽコーヒーで母乳が増えました。

子供を産んで何故か母乳で育てなくちゃいけないと思い込んでいたのに足りなくて、子供は泣くし自分もどうしていいかわからなくて、いやいやミルクを作って飲ませていました。

今ではミルクでもいいとは思っているんですけど、当時周囲はみんな母乳育児だったので自分もそうでないといけないと思い込んでいたんですね。

でも確かに母乳育児は楽なんです。

わざわざ作って冷ましてなんてしなくても“はい!”っていう感じですぐに飲ませられますからね。

でも足りないというのがどうにも自分にとってストレスで何とか増やしたくて母乳を増やすにはどうすればいいのかと調べたところでたんぽぽコーヒーにたどり着きました。

確か、育児雑誌の広告で最初に知ったのだと思います。

実際に噂のたんぽぽコーヒーを飲み始めたのは自宅へ戻って1週間ほどたってからだったように覚えています。

味は香ばしい感じでまずいという感覚はありませんでしたね。

普通にごくごくと飲める感じでした。

飲み始めてどれくらいだったのでしょうか、その辺りはよく覚えていないのですが息子が母乳の後に飲ませていたミルクを嫌がるようになりました。

おかしいなと思って少し無理に飲ませようとしても“べぇ”と出してしまいます。

丁度健診もあったので先生に聞いてみても「足りてるからじゃないの?」と言われるだけで妙な不安だけが残るだけでした。

確かに体重も増えているし様子を見ようかと思ってしばらく母乳のみを与えて、私の方はたんぽぽコーヒーを飲み続けていました。

ある日、夜の授乳のときに妙に張るなあぐらいに思ってはいました。

いつものように子供におっぱいを吸わせ、こちらは半分ウトウトしていたのですが、急に子供がドバッと母乳を吐きだしました。

びっくりしましたが、子供はケロッとしていて特に具合が悪いようでもないので濡れてしまった産着を着替えさせて続きを飲ませようとしたのですがもういらないのか飲もうとしませんでした。

まだまだこちらとしては母乳が余っている感があったので軽く絞って胸の張りを無くしてから息子と一緒に眠りました。

それからも何度かそういう事があったところを見ると、あの辺りから母乳は足りていたどころか余っていたこともあったのでしょうね。

確かに、子供がお乳を欲しがる頃になるとおっぱいが張って、少し母乳が垂れてしまってましたから。

私の場合は確かにたんぽぽコーヒー効いたという実感があったので、もし母乳が足りないと悩んでいる方には試して欲しいですね。




乳腺炎予防にたんぽぽコーヒー

私がたんぽぽコーヒーを飲み始めたのは、出産後1ヶ月くらいからです。

母乳はよく出たのですが、体質なのか詰まりやすかったんです。

母乳の中に乳栓というのができて、それが出口で詰まってしまうと、おっぱいの一部に固く痛い部分ができてしまいます。

その状態を放置しておくと乳腺炎になって大変なことになってしまいます。

ネットで「母乳詰まり解消」と検索したところ、たんぽぽコーヒーが紹介されていました。

たんぽぽコーヒーは、以前から名前は知っていましたが、実際に飲んだことはなく、母乳の詰まりがなかったら飲んでいなかったのではないかと思います。

ドラッグストアで購入し、さっそく飲んでみました。

見た目は黒々していて、何だかコーヒーのようです。

味は・・・正直苦いです。漢方のようで、あまり美味しいとは思いませんでした。

「たんぽぽコーヒー」とも呼ばれるくらいなので、この苦味が好きで飲んでいる人もいるのでしょうが、私はあまり好きになれず、ただ母乳詰まりの予防のために我慢して飲んでいました。

しかし、効果はありました。

たんぽぽコーヒーを飲み始めてからは、母乳の詰まりも目立たなくなり、さらによく出るようになったのです。

おそらくですが、母乳は血液からできているので、たんぽぽコーヒー効果で血液がさらさらになることで母乳もさらさらになったのではないかと思われます。

さらに、身体全体がぽかぽかと温かくなりました。

授乳開始したのは夏~秋だったので、まだ冷えを感じる時期ではなかったのですが、朝晩はひんやりとしていたので夜中・朝方の授乳時に寒さを感じることはなかったです。

ただ、やはり味が好きになれず、一度やめてしまったら乳腺炎になってしまいましたが(^_^;)

やっぱり効果があったんだなと、後々になってからも思います。

母乳が詰まりやすい、乳腺炎になりやすい方には本当におすすめです!




さっぱりしているたんぽぽコーヒー

以前苦かったと友人が言っていました。

でも最近飲んでいる会社の同僚は、美味しいと言って毎日のように飲んでいるのです。

会社には給湯室があるので、そこで作って飲んでいます。

以前からそれがたんぽぽコーヒーだとは知っていました。

でも興味はなかったのです。

苦いものと思っていたからです。

でも私はある時、水筒を忘れてしまったのです。

いつも水筒を持っていっているのに、その時は忘れてしまったのです。

でもどうしても温かいお茶が飲みたかったのです。

そんな私を見て、同僚がたんぽぽコーヒーをわけてくれたのです。

躊躇しながら飲んでみたのです。

苦いのはわかっていたので、覚悟していました。

すると全然苦味がなくて、とてもさっぱりしていました。

こんなにもさっぱりとした飲み物、私は初めてだったのです。

いつも飲んでいるお茶よりも、飲みやすかったのです。

同僚は便秘解消のために飲んでいたのです。

私もたまに便秘になりますが、それは本当に辛いです。

だから思ったのです。

私も毎日このたんぽぽコーヒーを飲んでいたら、便秘予防になるだろうと思いました。

ずっと以前からお腹だけがぽっこりしてきました。

これは便秘のせいだったのです。

なんとかして治したいと思っていたので、私はたんぽぽコーヒーに頼ってみたのです。

苦味のないお茶なので、持続して飲む事もできるのです。

母にもすすめてみました。

母も若い時からの便秘に、今でもずっと悩んでいたのです。

そして祖母にもすすめてみました。

祖母は疲れがひどいので、この疲れをとるためにもたんぽぽコーヒーが必要だと思ったのです。

今では家族みんなで飲んでいます。

朝晩と、私は会社でも飲んでいるのです。

たんぽぽコーヒーだったら、みんなにも紹介したいほど美味しいです。