たんぽぽコーヒーを乳腺炎の予防で飲み始めました。

たんぽぽコーヒー

たんぽぽコーヒーを息子を出産した1ヶ月後くらいから飲み始めました。

私はおっぱいが張りやすかったようで、少しでも授乳の間隔が空くとパンパンになってしまいました。

そして、まめに余った母乳を絞っておかないと、乳腺炎にもなりやすかったのです。

私の乳腺炎は、急に体が震えて寒気が来て40℃近い高熱が出るというパターンで、授乳すれば乳腺炎は治まるものでしたが、本当につらかったです。

張りやすい、乳腺炎しやすいという話を母親にしたところ赤ちゃん用品店でたんぽぽコーヒーを買ってきてくれました。

母乳の量が増えるという話は聞いたことがあったので、私のように張りやすい場合は量が増えると逆効果じゃないのかなと思っていました。

しかし、どうやらおっぱいが張るのも乳腺炎になりやすいのも私の場合は母乳が詰まりやすかったのが原因のようだったのです。

食生活は、常に和食とはいかないまでもそこまでコッテリしたものを毎日食べていたわけでもないのですが、あまり良いコンディションの母乳ではなかったようです。

たんぽぽコーヒーを飲みはじめて数日後に「なんだか母乳がサラサラしている!」と気付きました。

乳腺炎予防に余った母乳を絞っていたときに、容器に取った母乳が以前のものよりサラッとしていたのです。

そう言えば、おっぱいの張りもマシになったようでした。

それに子供が飲みやすい母乳になったためか、母乳の飲み残しが減ったような気がしました。

おっぱいの張りも少なくなり、乳腺炎も減りました。

たんぽぽコーヒーにはただ母乳の量を増やすというだけでなく、母乳の質を上げる働きがあるのかなと思いました。

たんぽぽコーヒーの味はコーヒーと思うとコーヒーぽい味のように感じますが、どちらかというと苦い麦茶という印象です。

ですので、ごはんの時でもおやつの時でもガブガブ飲めます。

またデトックス効果も高いようで利尿作用があり、むくみにも効きます。

産後ダイエットにも役立ちました。

母乳育児が終わった今では、塩分を取りすぎた時などはむくみ予防にたんぽぽコーヒーを飲んでいます。

(大阪府 まこさん)

>>たんぽぽコーヒーをこちらからの通販サイトから買いました。







乳腺炎がたんぽぽコーヒーのおかげで治りました。

一人目が産後2ヶ月経ったときのこと、娘がおっぱいを嫌がるようになりミルク生活になりました。

ミルク飲む前やミルク飲んだ後に少しでも吸ってもらわないと母乳が出なくなると言われたので頑張って母乳をすわせていましたが、やはり母乳を嫌がり全く飲んでくれなくなりました。

すると母乳の出も悪くなり、張っていたおっぱいも張らなくなりました。

すがるような思いで母乳外来へ行き、おっぱいを見てもらうことにしました。

そこでタンポポコーヒーの話を聞きました。

私は、乳腺炎のなりかけで母乳を飲んでくれなかったことが判明し、マッサージを週に2回程通い治してもらい、出なくなった母乳もマッサージと勧められたタンポポコーヒーのおかげで母乳が少しずつ出るようになりました。

たんぽぽコーヒーは温かいうちに飲むのがおすすめです。

一週間もしないうちに食生活も気をつけて毎日毎日タンポポコーヒーを飲んでいると再びおっぱいの張りが!

娘もいつもなら足りなくて泣いていましたが、おなかいっぱいに飲めていました。

娘は体重も順調に増加していき、母乳外来ももうお世話にならなくて済みました。

そして、今年の2月に二人目が誕生。

今回は出産前からタンポポコーヒーを飲んでいました。

その為か一人目の時よりも、すぐに母乳が出て安心しました。

もともと水分を取らない私ですがタンポポコーヒーのおかげで飲み物を飲む習慣ができました。

産院でもタンポポコーヒーが出ており、たくさん飲んでいた私。笑

タンポポコーヒーに牛乳を入れたりしても美味しくいただけます!

タンポポコーヒーにも種類があり、少し苦いタンポポコーヒーやとても飲みやすいタンポポコーヒーまであります。

また、飲みやすくするため、黒豆や醗酵ギンガムをなどを配合したたんぽぽコーヒーもあります。

どれがおいしいかは個人の好みになるので、まずは試してみるといいと思います。

私の姉ももう少しで赤ちゃんが生まれるので、なにを準備したらいいか相談を受けたときに母乳で育てたいんなら、タンポポコーヒーは毎日飲んだ方が良いとすすめました!

暑い日に熱いたんぽぽコーヒーを飲むのは辛いですが、冷ますよりは効果あると思います!

いまもおかげで母乳の出に苦しまずに授乳することができてます!

(千葉県 わきゅさん)