妊娠中・授乳中期にたんぽぽコーヒーを飲んでいました。

妊娠中・授乳中期、たんぽぽコーヒーのお世話になったユーザーです。

元々コーヒーが大好きで一日に4,5杯は飲んでいました。

妊娠を機にお腹の赤ちゃんにとってカフェインは良くないと言われ、先輩ママからプレゼントしてもらったのがきっかけでした。

元々重度の冷え性だった事もあったのですが、たんぽぽコーヒーを飲むようになってから足の冷えやむくみが改善された感覚でした。

出産が8月末で暑い夏を乗り切るのが正直大変でしたが、麦茶とぬるめにしたたんぽぽコーヒー交互に飲むようにして水分補給にあてていました。

(ほんとは冷やして飲みたかったのですが、あまり冷たいものも良くないと思ったので)無事に出産を終え、その後も次は授乳がまっているので当面は普通のコーヒーは我慢でたんぽぽコーヒーを愛飲しました。

私自身高齢出産(40歳)という事もあり、母乳に関しては少し不安でした。

しかし自分の不安とは反対にしっかりと母乳が出てくれました。

子供が標準より少し大き目だったので飲みすぎて肥満になるのが心配な位、十分な母乳がでて完全母乳で育てる事が出来ました。

また普通より卒乳が遅かったのですが(2歳位)、それでもミルクは1度もお世話になりませんでした。

これがたんぽぽコーヒーのおかげなのかどうか確信はありませんが、特に他の事をやったり取り入れたり、また飲んだり食べたり特別な事もしなかったので、今となってはたんぽぽコーヒーのおかげかなと思っています。

私がお友達に妊娠中にプレゼントして頂いたように、今は私自身がお友達が妊娠した時には最初のプレゼントとしてたんぽぽコーヒーを渡しています。

今はいろいろな種類があり、またネットや妊娠雑誌等でも紹介されていますので、合ったものを探してみるといいかと思います。

(大阪府 かのママさん)




たんぽぽコーヒーは子どもがコーヒー牛乳を飲みたいので飲むようになりました。

皆さんは、たんぽぽコーヒーをご存知ですか?

私は好きで、よく飲んでいます。

たんぽぽコーヒーはコーヒーと名が付く位ですから、味はコーヒーに似ています。

コーヒーとたんぽぽコーヒーの違いといえば、飲んだ後に、口の中に苦味が残らないところだと思います。

どちらかと言うと、たんぽぽコーヒーはハーブティーを飲んだ後のスッキリ感に似ています。

たんぽぽコーヒーはハーブティーだから当たり前ですね。

そもそも、たんぽぽコーヒーを試すきっかけとなったのは、子どもの「コーヒー牛乳を飲みたい」の一言でした。

はじめのうちは、市販のコーヒー牛乳や、牛乳にインスタントコーヒーを溶かして飲ませていたのです。

市販のコーヒー牛乳は、添加物が入っていますし、結構甘いので、お砂糖がどの位入っているのかしら?と気になったのと、コーヒーは、カフェインが気になりました。

多少は摂取しても問題ないだろうと思っていますが、コーヒー牛乳や、コーヒーにかわる物が見つけられたら良いなと思っていました。

そこに、たんぽぽコーヒーの存在を知り、早速、試してみることにしたのです。

たんぽぽコーヒー牛乳を作り、子どもに飲ませてみると「美味しい」と喜んで飲んでくれました。

ですが、しばらくすると、子どもの「コーヒー牛乳」ブームは去り、現在は、私がたんぽぽコーヒーを愛飲しています。

ちなみに、私のお好みの飲み方は、薄めに淹れて(いれて)、砂糖や牛乳は入れずに飲むのが好きです。

夜、コーヒーが飲みたいな、と思う時、よく利用します。

たんぽぽコーヒーはカフェインが入っていないので、眠れなくなることはないので、安心して飲むことができます。

だからと言って、何杯も飲んではいけませんよ。

日本ではたんぽぽコーヒーは「母乳が出やすくなるハーブ」と言われていますが、欧米では「おねしょのハーブ」と言われる位、利尿作用が強いそうです。

気を付けましょうね。

もし、お店でたんぽぽコーヒーを見かけたら、是非、一度お試し下さい!

(埼玉県 ポトスさん)




母乳のお助けたんぽぽコーヒー

私は現在5歳と1歳の子供をもつ主婦です。

上の子の出産後は母乳の出が悪くて、ミルクと混合で育児をしてました。

母乳指導がほとんどない病院で出産したのと、自分の勉強不足もあって母乳に関する知識はほぼゼロ。

しかし、何となくミルクで育てるのに違和感を感じてはいました。

生後2ヶ月のころ、家の近所に母乳指導をしてくれる助産師さんがいることを知り、そちらで色んな事を教えてもらいました。

そんな中、教えてもらったのがたんぽぽコーヒーでした。

元々コーヒー好きで、出産後もノンカフェインのインスタントコーヒーを毎朝飲んでいました。

正直、たんぽぽコーヒーは色はコーヒーだけど、味は香ばしい濃いお茶って感じです。

でも美味しかったので、けしてがっかりはしませんでした。

そこからは毎日たんぽぽコーヒーを飲むようにしました。

私の場合、夕方疲れてきた時間帯や、一番母乳がでるはずの夜中になかなか母乳が出てくれなくて、子供が泣き出すことが多々あったのですが、日中こまめに飲んだり、夜中も水筒に入れて授乳の前に飲んだりとしているうちに、

少しずつ子供が怒って泣くことが減っていきました。

そして、一歳が近づく頃には完全にミルクは飲まずに離乳食と母乳で過ごせるようになりました。

たんぽぽコーヒーの効果ももちろんあったかと思いますが、私がたんぽぽコーヒーと出会った事で、水分補給に関する意識が変わった事も大きかった気がします。

これが全く美味しくないお茶だったら、こんなに上手く母乳育児にシフトチェンジできてなかったんじゃないかなと思います。

下の子の時は、学んだ事をいかして妊娠中からたんぽぽコーヒーを飲むようにしました。

おかげさまで、今回は最初から母乳の出が良く、完全母乳での育児を楽しませてもらっています。

(神奈川県 りおんさん)