妊娠、授乳期にお世話になったたんぽぽコーヒー

私は妊娠中から、授乳が止めるまでの間たんぽぽコーヒーを愛飲していました。
妊娠始めるまではたんぽぽコーヒーなんて聞いたこともなかったのですが、「たまごクラブ」などの妊婦向けの雑誌でよく目にするようになり、試しに飲んでみたのがきっかけでした。
たんぽぽコーヒーといっても、味は無いコーヒーのような感じで、美味しくて飲みやすかったです。
普通のお店で買うと、少々お値段がはりますが、これは産まれてくる子供につきだと思って、投資するような感じで続けていました。
妊娠中や授乳期は、カフェインの入った飲み物を控えたほうが良いと聞いていたので、カフェインが入っていないというのも大事なポイントでした。
それまでは普段、緑茶や紅茶を飲んでいたのですが、その代わりにたんぽぽコーヒーを飲み込むようになりました。
もともと冷え性だったので、それも改善すると言われているたんぽぽコーヒーは、アルコールのある養命酒が飲めない妊婦にとっては手強い味方でした。
出産後は、なかなか母乳が出なくてつらい思いをしました。
更に最初の1周間は、全く母乳が出なかったのです。
でも、殊に意識してたくさんたんぽぽコーヒーを飲んでいたら、1ヶ月くらいでほぼミルクがいらないくらいに母乳が出るようになりました。
もちろん、食事にも気をつけていたので、たんぽぽコーヒーだけの効果とは言い切れません。
母乳には何よりも水分が大事なので、ただ単に水分をたくさん摂ったことが原因かもしれません。
も、私自身は母乳が出やすく変わるという話を聞いて信じて飲んでいたので、これのおかげです。
たんぽぽコーヒーは薬ではないので、もちろん即効性はないと思います。
でも、長期間続けて飲んでいれば、素晴らしい効果があるのではないかと思います。
(埼玉県 ゆちさん)