赤ちゃんのために飲んだたんぽぽコーヒー

私がたんぽぽコーヒーを飲んだのは、初めての出産後のことでした。
妊娠前からたんぽぽコーヒーは不妊を改善できる働きがあることは勉強していました。
そして出産後は、母乳の出をよくしてくれたり、乳腺炎を予防できる効果があることを知りました。
私が出産したのは真冬の1月でした。
しかも東北の雪の多い地域でしたので、何とも寒い時期でした。
もともと冷え性ということもあり、冷えは母乳の出をひどくします。
私は母乳の出が低い方でした。
出産したらすぐに母乳が出てくると思っていたら、こんな期待とは裏腹に、母乳が足りず、赤ちゃんの体重が増えないため、産婦人科でミルクをすすめられました。
もともと母乳で育てたい!という思いが強かった私は、母乳の出をよくするため、あらゆる努力をしました。
マッサージや食事のほかに、たんぽぽコーヒーを試してみたのです。
たんぽぽコーヒーは通販やベビー用品店、ドラッグストアなどで手軽に購入することができます。
最初飲んだ感覚は、漢方のような独特の香りがありました。
香ばしさといったほどよい苦みという、鼻に追い抜ける独特の香りです。
個人的には嫌いではありませんでした。
むしろ、癖になるような味です。
授乳中はコーヒーなどのカフェインを控えていたので、たんぽぽコーヒーは、コーヒーに近い苦みを感じたので、私は好きでした。
毎日、朝という午後、寝る前と3回、コップ1杯は飲むようにしました。
そうすると、飲み始めて2~3日で、母乳の出がよくなってきたのです!もちろん、食事やマッサージなどの効果もありますが、たんぽぽコーヒーを飲み始めて明らかに母乳が出るようになりました。
これまで、哺乳瓶でミルクを美味しそうに呑むわが子に少し寂しく考えることもありました。
母乳が出るようになり、授乳しているわが子を見ると、涙が出るぐらい喜ばしく、愛しく感じました。
体重も着々と目立ち、その後完全母乳で育て上げることができました。
卒乳後もたんぽぽコーヒーを飲み続けています。
私の場合母乳以外にも冷え性にも効果がありました。
いつも手足の末端が氷のように冷たく、悩んでいましたが、たんぽぽコーヒーを呑み続けたことにより、大分改善されました。
肌の調子も良くなるし、いいことづくめでした。
(東京都 ゆりあさん)