母乳のお助けたんぽぽコーヒー

私は現在5歳と1歳の子供をもつ主婦です。

上の子の出産後は母乳の出が悪くて、ミルクと混合で育児をしてました。

母乳指導がほとんどない病院で出産したのと、自分の勉強不足もあって母乳に関する知識はほぼゼロ。

しかし、何となくミルクで育てるのに違和感を感じてはいました。

生後2ヶ月のころ、家の近所に母乳指導をしてくれる助産師さんがいることを知り、そちらで色んな事を教えてもらいました。

そんな中、教えてもらったのがたんぽぽコーヒーでした。

元々コーヒー好きで、出産後もノンカフェインのインスタントコーヒーを毎朝飲んでいました。

正直、たんぽぽコーヒーは色はコーヒーだけど、味は香ばしい濃いお茶って感じです。

でも美味しかったので、けしてがっかりはしませんでした。

そこからは毎日たんぽぽコーヒーを飲むようにしました。

私の場合、夕方疲れてきた時間帯や、一番母乳がでるはずの夜中になかなか母乳が出てくれなくて、子供が泣き出すことが多々あったのですが、日中こまめに飲んだり、夜中も水筒に入れて授乳の前に飲んだりとしているうちに、

少しずつ子供が怒って泣くことが減っていきました。

そして、一歳が近づく頃には完全にミルクは飲まずに離乳食と母乳で過ごせるようになりました。

たんぽぽコーヒーの効果ももちろんあったかと思いますが、私がたんぽぽコーヒーと出会った事で、水分補給に関する意識が変わった事も大きかった気がします。

これが全く美味しくないお茶だったら、こんなに上手く母乳育児にシフトチェンジできてなかったんじゃないかなと思います。

下の子の時は、学んだ事をいかして妊娠中からたんぽぽコーヒーを飲むようにしました。

おかげさまで、今回は最初から母乳の出が良く、完全母乳での育児を楽しませてもらっています。

(神奈川県 りおんさん)