妊娠中、授乳中にはたんぽぽコーヒーが最適です。

たんぽぽコーヒーはたんぽぽコーヒーとしてもよく目にする機会があります。
コーヒーが大好きなのですが、妊娠中にカフェインは避たかったので、コーヒー風味としても楽しむことのとれるたんぽぽコーヒーを購入しました。
たんぽぽ
よく口コミなどでは、コーヒーとして飲むと全然違うという感想があったので飲む前は、土臭い、苦い味をイメージしていました。
色は、コーヒーにそっくりです。
少し無いコーヒーのような感じです。
味は、香ばしさを感じられる執念深い麦茶といった感じです。
確かにコーヒーとは違うのですが、飲み続けているうちに毎日朝にかかせない飲み物になりました。
授乳中の今も、母乳にも良いと聞いたので飲み続けています。
授乳し始めの頃は、母乳が滞りやすくしょっちゅうしこりができていました。
たんぽぽコーヒーは、脂肪やコレステロールを減らして母乳を詰まり難くやる作用があると聞いて毎日欠かさずに飲んでいます。
色々なメーカーからたんぽぽコーヒーはでていますが、メーカーによってお茶を出したときの色の濃淡、味の濃さが違います。
今は、色々なメーカーのものを試して、自分が嬉しいというものをリピートしています。
赤ちゃん本舗や西松屋などのベビー洋品店や自然食品を向き合うお店においていますが、私はネット通販で買うことが多いです。
ティーバッグタイプになっているものだと、紅茶感覚でマグカップにお湯を注いで飲み込むことができます。
時々、粉タイプのたんぽぽコーヒーがありますが、たんぽぽの根以外の乳糖などが入っているものもあるので気を付けましょう。
(大阪府 さくらさん)
>>おすすめの販売サイトはこちら




出産後たんぽぽコーヒーを飲んで4ヶ月ぐらいで完全母乳になりました。

出産後、1~2ヶ月間は母乳がでず苦しみました。

個人で助産院を開業されているされている助産師さんに「たんぽぽコーヒーがいいよ~。」と言われすすめられて近所のドラッグストアで購入しました。

価格は800円くらいだったと思います。飲んでみると多少くせはありましたが漢方薬のように飲みにくくはなかったです。

呑みはじめてから直ぐはこれといって母乳が増えたという実感はありませんでした。

ただ、おしっこの量が増えた気がします。

たんぽぽはハーブの素材として有名で、強力なデトックス作用があるそうです。

有害物質を尿と共に排出講じるそうで、水太りの方にも効果的とか。

そのデトックス効果のせいでしょうか。

母乳への効果はともかく、体にはいい商品だと思います。

産後ダイエットにも良さそうです。

からだに嬉しいものを飲むことで赤ちゃんにも良い効果があるというといううれしいですね。

ノンカフェインなので産後にはよいと思います。

母乳で育てているとカフェインを気として飲み物を選ばないといけないんですが、私はルイボスティー、たんぽぽコーヒー、たんぽぽコーヒー、ノンカフェインのほうじ茶をローテーションで飲んでいました。

母乳をやるので飲み物が欲しくなるんですけという、やっぱりおんなじ飲み物は飽きますからね。

生後直ぐはたった1~2gしか母乳が出ず、後はミルクを足していたんですが、しばらく飲んでいるって、生後2ヶ月ぐらいから母乳の量が増え取り掛かり、4ヶ月くらいには完全母乳にすることができました。

経済的ですし、高齢出産の体にむちうってがんばって、母乳をあきらめなくてよかったと思います。

たんぽぽコーヒーは買うにはちょっと高いですが、授乳中という限られた期間ですし赤ちゃんにも自分にもよいものを選んでよかったとしています。

皆様も子育て楽しんでがんばってくださいね。

(福岡県 まーしゃさん)



妊娠、授乳期にお世話になったたんぽぽコーヒー

私は妊娠中から、授乳が止めるまでの間たんぽぽコーヒーを愛飲していました。
妊娠始めるまではたんぽぽコーヒーなんて聞いたこともなかったのですが、「たまごクラブ」などの妊婦向けの雑誌でよく目にするようになり、試しに飲んでみたのがきっかけでした。
たんぽぽコーヒーといっても、味は無いコーヒーのような感じで、美味しくて飲みやすかったです。
普通のお店で買うと、少々お値段がはりますが、これは産まれてくる子供につきだと思って、投資するような感じで続けていました。
妊娠中や授乳期は、カフェインの入った飲み物を控えたほうが良いと聞いていたので、カフェインが入っていないというのも大事なポイントでした。
それまでは普段、緑茶や紅茶を飲んでいたのですが、その代わりにたんぽぽコーヒーを飲み込むようになりました。
もともと冷え性だったので、それも改善すると言われているたんぽぽコーヒーは、アルコールのある養命酒が飲めない妊婦にとっては手強い味方でした。
出産後は、なかなか母乳が出なくてつらい思いをしました。
更に最初の1周間は、全く母乳が出なかったのです。
でも、殊に意識してたくさんたんぽぽコーヒーを飲んでいたら、1ヶ月くらいでほぼミルクがいらないくらいに母乳が出るようになりました。
もちろん、食事にも気をつけていたので、たんぽぽコーヒーだけの効果とは言い切れません。
母乳には何よりも水分が大事なので、ただ単に水分をたくさん摂ったことが原因かもしれません。
も、私自身は母乳が出やすく変わるという話を聞いて信じて飲んでいたので、これのおかげです。
たんぽぽコーヒーは薬ではないので、もちろん即効性はないと思います。
でも、長期間続けて飲んでいれば、素晴らしい効果があるのではないかと思います。
(埼玉県 ゆちさん)



物々交換で入手したたんぽぽコーヒーはノンカフェインで授乳中もイケる!

市が運営やる子育てサークルに参加していた時のこと。

物々交換が流行りました。

赤ちゃんが大きくなって小さくなってしまい使わなくなったオムツやベビー服などです。

私は買い求めすぎたガーゼハンカチを提供したのですが、たくさんの人に喜んで引き取ってもらいました。
その時の対価のひとつが、たんぽぽコーヒーだったのです。

それまでたんぽぽコーヒーなんて聞いたこともなかった私。

ハーブティーなんだよと聞いて、ノンカフェインなので授乳中でも大丈夫なのねと早速おうちで試しました。

説明書を読むと、1リットルくらいの水で煮出すといいと書いてありましたが少々面倒。

口に合うかも不明だったので、まずはティーポットに熱湯を入れて試してみました。

たんぽぽの味は渋いと思い込んでいたのですが、お茶自体に特別なクセはありません。

ちょっと土の香りがやるくらいかな。

濃い目の色が出ましたが、味はマイルドで気に入りました。

授乳中にはカフェインを多く取り込む飲み物は控えるようにという育児本で読んだので、もっぱら白湯といった麦茶しか飲んでいなかった私。

久々に楽しむ別のお味は格別でした。

気に入ったので、それからはちゃんと鍋で煮出したお茶を保温ポットに入れて置き、家族みんなでいつでも飲めるようとしておきました。

ちょっとトイレが近く上る気がしたので、出かける前には控えた記憶があります。

頂いたのはお徳用で大きな箱に入っていた商品。

飲み終えてしまったので次は自分で購入をスタートしましたが、3箱目に突入したところで卒乳。

やにわにコーヒーを飲み込む生活に戻ってしまった為に、私も物々交換へ。

とても喜んでもらったので、無駄にならず良かったです。

(群馬県 ミッキティーさん)